回転モップ

回転モップ

回転モップ

このページは「回転モップのコツ 」の情報コンテンツです。
回転モップ > 回転モップのコツ

豆知識

回転モップのコツ

回転モップって便利な掃除アイテムではあるのですが、ちょっとしたコツを覚えておくと余計な手間や作業を増やさずにスムーズにお掃除ができます。

しっかり絞って拭きたい時

これはコツというよりも意識の問題ですが、回転モップを使う時、ペダルを踏めば水気が飛ばせて絞る手間が省けますよね。この時大体どれくらいペダルを踏めばどれくらい水を飛ばすことができるのか、意識的に作業してみてください。

例えば、ササッと掃除を進めたいからと思って数回ペダルを踏んだだけですぐに床を拭いてみると思っているよりも濡れていて、再度水気を飛ばさないといけない上に今拭いたところは濡れすぎなのでもう一度拭いたり・・。これってハッキリ言って無駄な手間です。かといって、無駄にペダルを多く踏みすぎても疲れるだけですし、モップが水気を飛ばしきっているのにブンブンと回されて早く傷んでしまいそうですよね?

ですので、しっかり絞って拭きたいけど無駄な作業はしたくない。という時のために、大体どれくらいペダルを踏めばどれくらいの水気が残るのか、ちゃんと覚えておく必要があるのです。掃除ってササッと無意識にしてしまう動作が多いのですが、ここはポイントとして押さえておきたいところです。

回転モップ洗浄時の注意

モップを洗う時。バケツには元々入れておく水の量を示すラインがあります。だいたいの方はこのラインを超えないようにしつつ、しっかりと洗いたいのでラインぎりぎりまで水を入れてお使いじゃないでしょうか?確かにそれで間違いはないのですが、この時にペダルをグングンと踏んで使うと回転モップが水を跳ね上げてしまいバケツから水をこぼしてしまいます。

かといって、ペダルをゆっくりと踏んでいてはしっかりと洗えませんので、バケツの水位ラインよりも少し少なめの水で使うのがよいようです。ただ、この辺りもペダルを踏み込むアナタの力加減によりますので、大体どれくらいの水の量で踏めば水を飛ばさず洗えるのか、ちょっと意識して作業しておくことで無駄にはねた水を拭く作業を行わずに済みますね。

回転モップ 激安通販